大田夏瑚さん,2年前から山本巧次郎と同棲!同じ大学から交際に発展か

大阪府堺市西区津久野町の路上で大学生の「大田夏瑚(おおたかこ)さん」殺害したとして逮捕された「山本巧次郎(やまもとこうじろう)容疑者」。大田夏瑚さんと山本巧次郎容疑者は2年前から同棲していたことが判明。山本巧次郎容疑者は最近になってお酒を飲んだ後に大田夏瑚さんに暴力を振るうDV男であることも分かりました。

山本巧次郎の自宅と事件現場特定!「明光義塾津久野教室の付近」

2022年8月27日

大田夏瑚さん(山本巧次郎の彼女)顔画像「総合病院で患者と向き合い成長」

2022年8月27日

大田夏瑚さん「2年前から山本巧次郎と同棲」

大田夏瑚さんと山本巧次郎の交際経歴

大田夏瑚さんと山本巧次郎容疑者は2年前から同棲していたと分かりました。つまり大田夏瑚さんは大学入学当初から交際していた。そうなると山本巧次郎容疑者も大田夏瑚さんと同じ大阪物療大学に通っていた可能性が高いです。山本巧次郎容疑者の中学の同級生によれば「(山本巧次郎容疑者は将来)薬剤師になりたい」と話していたとのこと。

山本巧次郎容疑者 将来の夢は薬剤師

中学生の時の夢や目標がその後変わるのはよくあることです。山本巧次郎容疑者は当初薬剤師を目指していたが高校生の時に考えが変わり、電気治療やリハビリの物療について興味を持つ。その後大阪物療大学に進学。薬剤師とは違いますが医療関係の仕事に就きたい気持ちがあったのでしょう。

知人や近所の住民によれば2人普通のカップルだった。昨年までは仲が良かったが、最近になって大田夏瑚さんが山本巧次郎容疑者からDVを受けるようになったとのこと。DVの原因は山本巧次郎容疑者の飲酒。飲酒後のDVの回数は頻繫ではないものの大田夏瑚さんは体の一部にアザが出来るなどの被害を受けていました。

その後、山本巧次郎容疑者から大田夏瑚さんに別れたを告げていたと判明しています。

大田夏瑚さんと山本巧次郎容疑者の交際経歴について

約2年前:大田さんと山本容疑者は同棲していた

去年:仲のいい印象だった

最近:お酒を飲むと山本巧次郎容疑者から暴力を受けると言っていた 足にあざがあったり顔がちょっと腫れたりしていた

先々週~先週くらい:山本容疑者から切り出されて別れたと聞いていた

 

大田夏瑚さん,山本巧次郎の飲酒後DVに悩む

山本巧次郎容疑者は20歳になってお酒を飲むようになった。ただ、お酒により性格が豹変するタイプだった。お酒は心のタガを外し日頃暗に秘めたものを外に出します。暴力を振るのは「普段抑えてるけどわがままな人、わがままを聞かせたくて手や足を出す」。

山本巧次郎容疑者は表には出さないものの人にちやほやされたい欲が心の内にあった。裏を返せば常に目立ちたい願望があった。中学時代は社交的で協調性があり、ユーモアで人気者だった山本巧次郎容疑者。ゆえにお酒を飲むと暴力的になるのは納得できます。そして、目立ちたい願望はお酒によって制御出来なくなった。

大学は高校までと違って関わる人間は多いものの逆に関係が希薄になります。山本巧次郎容疑者は目立つ機会が少なくなり次第にストレスに。ただ、大田夏瑚さんとの交際でストレスも何とか解消できていた。すると今度はその大田夏瑚さんに対して負い目を感じるようになる。というのも大田夏瑚さんは大学のHPに掲載されるくらいの人物。容姿も良くて成績も優秀であった。

ストレスが重なった山本巧次郎容疑者は20歳になりお酒を飲むと気持ちよくなり悩みも一時的に忘れられると知った。次第にお酒に頼るようになった山本巧次郎容疑者は同時に内に秘めていた我慢が爆発して大田夏瑚さんに暴力を振るようになった。

山本巧次郎容疑者と大田夏瑚さんは昨年まで仲が良かった。それは山本巧次郎容疑者が20歳になっておらずお酒を飲めなかったから。山本巧次郎容疑者はお酒を飲まないと暴力を振ることもなかったことを考えると納得がいきます。

大田夏瑚さん(山本巧次郎の彼女)顔画像

山本巧次郎の顔画像とFacebook

 

大田夏瑚さん「4階のベランダから飛び降り」

大田夏瑚さん ベランダ 飛び降り

司法解剖では大田夏瑚さんの死因は失血死。加えてろっこつや骨盤などが折れていたことが明らかになっています。山本巧次郎容疑者によれば「大田夏瑚さんが4階のベランダが飛び降りた」と供述。2人が同棲していたサザンポート内海の4階の高さを確認すると、下手すれば死ぬかもしれなような高さです。

それでも大田夏瑚さんが飛び降りたのは山本巧次郎容疑者に部屋で刃物で刺されて逃げるのに必死だったから。サザンポート内海の階段には血痕があったようですが、おそらくは山本巧次郎容疑者が持っていた刃物に付着していた大田夏瑚さんの血と思われます。

山本巧次郎容疑者と大田夏瑚さんはすでに別れていたものの2年以上一緒に住んでいたことから、別れた後も同棲を続けていた。山本巧次郎容疑者は自ら別れを切り出したものの、やはりやり直したいと思い大田夏瑚さんに復縁を迫るもいざこざになった。

その理由は大田夏瑚さんが最近になってDVを受けるなどして山本巧次郎容疑者に対して気持ちが冷めていたから。加えて大田夏瑚さんは大学3年で夏休み明けの9月から実習が始まり夢であった放射線技師になるために重要な時期でもあった。

そんな大切な時期に酒を飲んだら暴力を振るって別れを切り出して復縁を求めてくるような山本巧次郎容疑者に構ってられないと復縁を断った。山本巧次郎容疑者は2年も同棲していたのに今さらここで終わることは出来ないと逆上。刃物を持ち出し大田夏瑚さんを襲ったのです。

大田夏瑚さんはの体には刃物で複数回刺された跡があったとのこと。大田夏瑚さん転落後も執拗に刃物で刺すあたり山本巧次郎容疑者の大田夏瑚さんへの執着は相当大きかったことが伺えます。

山本巧次郎,事件現場は明光義塾津久野教室

大田夏瑚さんと山本巧次郎のインスタ特定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。